高額療養費を受給するためには申請が必要ですか?

必要ありません。病院から当組合に送られてくる「診療報酬明細書」をもとに計算し、高額療養費の支給対象となった方には自動的に支払われます。(日本生命の方については給与と同時に給与口座に、任意継続の方についてはご登録されている保険料引き去り口座に振り込まれます。関係会社の方については各社にお問い合わせください。)

70 歳未満の方については、保険証とともに「健康保険限度額適用認定証」(認定証という)を提出することにより、一医療機関ごとの窓口支払いが自己負担限度額までで済むようになっています。平成24年4月からは、入院のほか、外来診療についても認定証が利用できるようになりました。この認定証の交付については、申請が必要です。

※70歳以上75歳未満の方は高齢受給者証の提出により同様の取り扱いとなります。
ただし、低所得の方は保険証と高齢受給者証、健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証を提出することによって、一医療機関ごとの窓口支払いが自己負担限度額までで済むようになっています。この認定証の交付については、申請が必要です。
※市区町村の医療費助成を受けている場合は、別途当健康保険組合へ連絡が必要です。

 

また、現役並み所得者Ⅰ・Ⅱの方は保険証と高齢受給者証、健康保険限度額適用認定証(認定証という)を提出することにより、一医療機関ごとの窓口支払いが自己負担限度額までで済むようになっています。この認定証の交付については、申請が必要です。

Posted in: 医療費が高額になったとき

このページのトップへ