任意継続被保険者制度

2年間の継続加入

この制度は、退職などによって被保険者の資格を失った場合にも、条件を満たせば希望により2年間継続して
被保険者となれる制度です。

任意継続被保険者になることができる条件は次の2つです。

  1. 退職日までに継続して2ヵ月以上の被保険者期間がある。
  2. 資格喪失日から20日以内に所属総務経由で健康保険組合へ加入手続きを済ませる。

加入申請は資格喪失日から20日以内に所属総務経由健康保険組合に対して行います。
加入されますと、新たに保険証が交付されます。保険証の記号・番号が変わっていますので医療機関の受付に新しい保険証の提示を忘れないでください。

保険料

保険料は被保険者であったときに会社が負担していた分も含めて全額自己負担となります。

本人の退職時の標準報酬月額と健康保険組合に加入している全被保険者の前年度9月30日における平均標準報酬月額と比べ、いずれか低い方で算定します。

保険料の納付方法

<平成31年3月31日までに資格取得した方>

任継保険料の月払は納付当月10日、半年払は3月27日・9月27日、年払は3月27日に指定のゆうちょ銀行の口座からの自動引き落しとなります。(引き落とし日が土・日の場合は翌営業日引き落とし)

なお、手数料として32円(平成31年4月改定)が必要です。期日までに保険料の納付が出来なかった場合は、事情の如何にかかわらず自動的に資格喪失となりますので前日までにゆうちょ銀行の口座への入金をお願いします。

 

<平成31年4月1日以降に資格取得する方>

初回保険料は、2ヵ月分を健保組合の指定した期日までに、納付書※にて金融機関より納付いただきます。

次回以降の保険料は、毎月10日までに納付書※にて納付いただきます。(10日が土・日の場合は翌営業日までに納付)

 ※銀行ATMまたはインターネットでの納付も可能です。

なお、金融機関からの自動引き落しはありません。前納の申し込みをされる場合は、別途、健保組合への申し出が必要となります。

保険給付

一般被保険者の方とほぼ変わらない保険給付および保険事業を受けることができます。

ただし、「傷病手当金」「出産手当金」は支給対象外(退職または委任職制に移行する前に継続して1年以上被保険者期間があり、資格を喪失したときに受給中、または支給条件を満たしている場合は、継続して受けることができます。)

資格がなくなるとき

  1. 任意継続被保険者の資格期間が満了したとき
  2. 再就職をして他の医療保険の被保険者となったとき
  3. 任意継続被保険者が死亡したとき
  4. 保険料を期限までに納めなかったとき
  5. 後期高齢者医療制度の被保険者となったとき

任意継続被保険者が住所・電話番号を変更したい

必要書類
書類の提出先

健康保険組合へ直接送付ください。

提出期限 そのつど

<平成31年3月31日までに資格取得した方>

任意継続被保険者が引き落し口座番号を変更したい

必要書類 任意継続保険料自動払込利用申込書
書類の提出先

健康保険組合へ直接送付ください。

提出期限 そのつど
備考 用紙の受取は、健保組合へご依頼ください。

<平成31年4月1日以降に資格取得する方>

任意継続被保険者が健保給付金・還付金の口座番号を変更したい

必要書類
書類の提出先

健康保険組合へ直接送付ください。

提出期限 そのつど

任意継続被保険者・被扶養者が氏名等を変更したい

必要書類
  • 任意継続諸変更届(氏名・生年月日・性別・その他)
    記入見本
    書類
書類の提出先

健康保険組合へ直接送付ください。

提出期限 そのつど

なお、任意継続保険料の払方を変更することは出来ません。

このページのトップへ