扶養家族に関する手続き

あらかじめ届け出を行い、加入認定を受けてください。

被保険者に扶養されている配偶者や子どもなどの家族についても一定の要件を満たせば、健康保険の被扶養者として家族給付が受けられます。被保険者は、被扶養者となる家族がいる場合、あらかじめ健康保険組合に届け出て、健康保険組合から被扶養者の認定を受けてください。

【ご協力ください】

健康保険組合では定期的に、被扶養者の資格確認のための状況照会を実施しています。この調査にご協力いただけなかった方は、資格を失う場合があります。

被扶養者になれる方の条件

下図に該当し、1~3の条件を満たす場合に健康保険組合が被扶養者として認定します。

  1. 年収が130万円(月額108,000円)未満。ただし60歳以上または、障がい者(おおむね障がい厚生年金を受けられる程度の障がい者)の場合、年収180万円未満。
  2. 収入が被保険者の収入の2分の1未満(別居の場合は、被保険者からの仕送り額未満)。
  3. 被保険者の収入により生計を維持している。

上記の条件を満たしている場合でも、75歳以上の方は後期高齢者医療制度の被保険者となりますので、被扶養者にはなれません。

両親の申請について

両親の申請については、両親の収入の合計額で判断をします。

具体的には、両親の申請であれば、

  • 夫婦の年齢による収入の上限を a + b(a、bは年齢等に応じ130万円または180万円)
  • 被保険者の収入 × 1/2 = x
  • 別居時の仕送り額 = y

とすると次のようになります。

【気を付けて!】

別居の実父母等を被扶養者とする場合は、仕送り証明(例:通帳写しなど)が必要です。
(仕送りの手渡しは不可)

被扶養者の異動(変更)があったら

結婚や出産などにより被扶養者が増えたときや、就職や別居、死亡などで、それまで被扶養者に認定されていた家族が被扶養者の認定基準を満たさなくなった場合は手続きが必要です。

家族の加入について

健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。この家族のことを「被扶養者」といいます。被扶養者として認定されるためには、「家族の範囲」と「収入」について一定の条件を満たしている必要があります。

マイナンバー(個人番号)の申告について

法改正により、平成29年1月から被扶養者申請時に、被扶養者のマイナンバー(個人番号)申告が必要となります。被保険者が被扶養者の本人確認・番号確認を実施のうえ、被扶養者申請書にマイナンバー(個人番号)を記入してください。

家族を加入させる≪一般被保険者・任意継続被保険者≫

必要書類

≪一般被保険者≫

申請書の個人番号欄にマイナンバー(個人番号)を記入後、被保険者がマスキングシールを貼付してください。

≪任意継続被保険者≫

申請書の個人番号欄にマイナンバー(個人番号)を記入後、被保険者がマスキングシールを貼付してください。

添付書類

≪一般被保険者≫

申請理由別添付書類一覧

申請理由別添付書類一覧の申請理由と申請対象者の該当する書類を添付ください。(記載の書類は、必要最小限であり、後日追加で書類を提出いただく場合があります。)

【配偶者の場合】

20歳以上60歳未満の配偶者を加入させる場合は、以下の届出も必要となります。

  • 国民年金第3号被保険者関係届
  • 日本生命職員でイントラを参照できる方は、厚生GHPより出力ください。
  • 日本生命営業職員の方は、支社総務担当者へ依頼ください。
  • 関係会社の方は、所属総務へ依頼ください。

20歳以上60歳未満の外国籍の配偶者を加入させる場合は、以下の届出も提出ください。

≪任意継続被保険者≫

任意継続申請理由別添付書類一覧

書類の提出先
  • 所属総務経由健康保険組合へ提出ください。
  • 任意継続被保険者(保険証の記号が5×××)は健康保険組合へ提出ください。
提出期限

≪一般被保険者≫

  • 資格取得時・・・資格取得日の翌月15日まで
  • 出生・・・出生日から3カ月以内
  • 上記以外・・・事実発生日より20日以内

≪任意継続被保険者≫

事実発生日より20日以内

家族を加入から外す≪一般被保険者・任意継続被保険者≫

必要書類

【配偶者の場合】

20歳以上60歳未満の配偶者を被扶養者からはずす場合は、以下の届出も提出が必要となります。ただし、就職により第2号被保険者となる場合、任意継続被保険者の場合は、提出不要です。

  • 国民年金第3号被保険者関係届
  • 日本生命職員でイントラを参照できる方は、厚生GHPより出力ください。
  • 日本生命営業職員の方は、支社総務担当者へ依頼ください。
  • 関係会社の方は、所属総務へ依頼ください。
添付書類 扶養からはずれる被扶養者の保険証
書類の提出先
  • 所属総務経由健康保険組合へ提出ください。
  • 任意継続被保険者(保険証の記号が5×××)は健康保険組合へ提出ください。
提出期限 事実発生後、すみやかに提出
特記事項 「健康保険高齢受給者証」、「健康保険限度額適用認定証」が交付されている場合は、保険証と一緒に返却下さい。

家族の加入

国民健康保険に入っている父母を私の被扶養者に移したいのですが?

単に給付内容がよいからという理由で、家族を扶養にすることはできません。
被扶養者にするためには、被保険者によって実際に扶養されていることが必要です。

別居している義父母を被扶養者にすることができますか?

妻の父母を被扶養者とするには、主として被保険者が生計を維持していることと、同居していることが条件になります。したがって、別居している場合には被扶養者にすることができません。
このページのトップへ