立て替え払いをしたとき

被保険者または被扶養者が、病気やケガをしたときは、保険証を提示して保険診療を受けるのが原則です。しかし、事情によってはそうはできない場合があります。たとえば、旅先で急病になって保険医でない医療機関にかつぎこまれたなどのような場合です。

これらの場合は、本人がとりあえず医療費を全額支払い、あとで健康保険組合に請求をして現金による保険給付相当額の払い戻しを受けることになります。

このような給付を「療養費(被扶養者の場合は第二家族療養費)」といいます。

このようなときも療養費が支給されます

健康保険では、保険証の提出にかかわらず、次のような場合も「療養費」が支給されます。

療養費の支給対象事由 給付内容
生血液の輸血を受けたとき 基準料金の7割
医師の指示により、義手・義足・義眼・コルセットなどの治療用装具を購入、着装したとき 基準料金の7割
医師の同意を得て、はり・きゅう、あんま・マッサージなどを受けたとき 基準料金の7割
9歳未満の小児が小児弱視等の治療で眼鏡・コンタクトレンズを作成・購入したとき 上限の範囲内の7割
(小学校入学前は8割)
四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣等を購入したとき 上限の範囲内の7割
【気を付けて!】

健康保険の給付を受ける権利は、2年で時効となります。

入転院するのに歩けないとき

移送費(被扶養者の場合は「家族移送費」)

病気やケガで移動が困難な患者が、医師の指示で一時的・緊急的に移送されたときに立て替えた交通費などは、次の3つの要件を満たしていると健康保険組合が判断したときには「移送費」(被扶養者の場合は「家族移送費」)として健康保険組合から払い戻されます。

立て替えた交通費などが、払い戻されます。

支給要件に該当する場合は、健康保険から「移送費」が給付されます。
(最も経済的な経路・方法での旅費をもとに健康保険組合が算定)

  1. 移送目的となっている療養が保険診察として適切であること
  2. 療養のための移動が著しく困難であること
  3. 緊急その他やむを得ない場合であること
【気を付けて!】
  • 通院など一時的・緊急的と認められない場合が支給対象外です。
  • 通院や退院、自己都合を主とする帰郷療養は支給対象外です。
  • 入院時の手荷物等、運搬の便宜を兼ねたタクシー代は支給対象外です。

健康保険では、いったん医療機関等に全額支払った費用について、後で健康保険組合から払い戻しの給付を受けられる場合があります。

立て替え払いをした

申請書

添付書類は下表参照

書類の提出先
  • 所属総務経由健康保険組合へ提出ください。
  • 任意継続被保険者(保険証の記号が5×××)は、「【任継用】療養費・第二家族療養費支給申請書」を使用し、直接健康保険組合に提出ください。
    尚、関係会社の方は所属総務へ提出ください。
提出期限

そのつど

毎月10日(休日の場合は前営業日)受付分は原則翌月支払[不備無の場合]

療養費の支給対象事由 申請書に添付する書類
保険証不携帯で受診し、医療費の全額を自己負担したとき

保険点数が明記された領収書(原本)

領収書に保険点数の記載がない場合は、記載のある明細書を添付

誤って他の健康保険で受診したとき
  1. 領収書(原本)…誤って使用した健康保険に支払ったもの
  2. 診療報酬明細書(写)
治療用装具を装着したとき
  1. 治療用装具の内訳明細の分かる領収書(原本)
  2. 医師の証明書(原本)
海外で受診したとき
  1. 領収書(原本)
  2. 所定の領収明細書
  3. 所定の診療内容明細書…和訳のあるもの

    (歯科の場合は「歯科診療内容明細書」も必要)

  4. 同意書
  5. 渡航確認書類(旅券、航空券その他の海外に渡航した事実が確認できる書類の写し)
はり・きゅうの施術を受けたとき
  1. 療養費支給申請書(はり・きゅう用)(原本)
    療養費支給申請書(あんま・マッサージ用)(原本)
  2. 鍼灸治療・マッサージ施術治療を必要とする旨の医師の同意書または診断書 (有効期間6カ月以内のもの)

    6ヵ月を超えて施術が必要なとき、再同意を確認の上、「同意書」の写しが必要(同意した医師の保険医療機関名・住所・氏名・同意年月日・病名・要加療期間の指示があるときはその期間が付記されていること)

  3. 領収証(原本)
あんま・マッサージの施術を受けたとき

入転院をするのに歩けない

必要書類
書類の提出先
  • 所属総務経由健康保険組合へ提出ください。
  • 任意継続被保険者(保険証の記号が5×××)は、「【任継用】被保険者・被扶養者移送費請求書」を使用し、直接健康保険組合に提出ください。尚、関係会社の方は所属総務へ提出ください。
提出期限

そのつど

毎月10日(休日の場合は前営業日)受付分は原則翌月支払[不備無の場合]

添付書類 移送領収書(原本)(区間が記入されたもの)

立て替え払いをしたとき

毎日の通院にタクシーを使った場合、移送費を受けられますか?

移送費を受けられるのは、病気やけがにより、病院や診療所まで移動することが困難で、医師の指示で一時的・緊急的必要があり移送された場合に限られており、毎日の通院のために使うタクシーの費用は、移送費とは認められません。

急病などにより、保険指定になっていない医師にかかりました。払い戻しは受けられますか?

健康保険では、医療機関の窓口に「健康保険被保険者証」を提示して診療を受ける現物給付が原則になっていますが、やむを得ない事情の場合は、本人がかかった費用を一時立替払いし、後で療養費として請求することによってニッセイ健康保険組合から払戻しを受けることになります。
また、国外で医療を受けたときも、国内で保険診療を受けた場合に準じて療養費が支払われます(海外療養費)。

海外にでかけているときに病気になった場合、保険給付は受けられますか?

健康保険では、外国にいる場合でも給付が受けられることになっています。その方法は、療養費払い(立て替え払い)によりますので、診療内容明細書(和訳のあるもの)と領収書および領収明細書が必要です。忘れずにもらっておいてください。
このページのトップへ