海外で医療を受けたとき

海外派遣や海外出張中の人も、国内にいるときと同様に健康保険の給付の対象になります。ですから海外にいる期間も保険料を徴収されています。

ただし、海外には日本の保険医がいませんので、いったん海外の医療機関に医療費を立て替え払いしたのちにそれを証明する書類(医療機関の診療内容明細書、領収明細書など)を健康保険組合に提出して、療養費扱いとして払い戻してもらうことになります。

【気を付けて!】
  • 海外へ治療目的で行き、治療を受けた場合は給付の対象とはなりません。
  • 海外療養費の算定については、実際に支払われた金額(領収証金額)ではなく、国内における同様の傷病に係る療養に要する費用の実績額によって算出します。

立て替え払いをしたとき

毎日の通院にタクシーを使った場合、移送費を受けられますか?

移送費を受けられるのは、病気やけがにより、病院や診療所まで移動することが困難で、医師の指示で一時的・緊急的必要があり移送された場合に限られており、毎日の通院のために使うタクシーの費用は、移送費とは認められません。

急病などにより、保険指定になっていない医師にかかりました。払い戻しは受けられますか?

健康保険では、医療機関の窓口に「健康保険被保険者証」を提示して診療を受ける現物給付が原則になっていますが、やむを得ない事情の場合は、本人がかかった費用を一時立替払いし、後で療養費として請求することによってニッセイ健康保険組合から払戻しを受けることになります。
また、国外で医療を受けたときも、国内で保険診療を受けた場合に準じて療養費が支払われます(海外療養費)。

海外にでかけているときに病気になった場合、保険給付は受けられますか?

健康保険では、外国にいる場合でも給付が受けられることになっています。その方法は、療養費払い(立て替え払い)によりますので、診療内容明細書(和訳のあるもの)と領収書および領収明細書が必要です。忘れずにもらっておいてください。
このページのトップへ