医療費の一部を自己負担する

年齢や所得によって窓口負担割合が変わります

被保険者および被扶養者の方が、業務外の病気やケガで医療機関の診察を受けるときは、保険証を窓口に提示すれば、外来、入院にかかわらず一部負担金(年齢に応じて負担割合が異なります。下記参照)を支払うだけで医療が受けられます。残りの医療費については健康保険組合が負担します。

医療費の一部負担金の割合

自己負担割合 小学校入学前 2割
小学校入学後70歳未満

3割
70歳以上75歳未満 2割
70歳以上75歳未満の現役並み所得者 3割

現役並み所得者とは、標準報酬月額28万円以上かつ被扶養者と合算した収入額520万円(高齢受給者である被扶養者がいない場合は383万円)以上の方です。

支払われた医療費を確認しましょう

被保険者には過去6ヵ月間にかかった医療費の確認として、年2回(2月・8月)健康保険組合より「医療費通知」を送付しています。

このページのトップへ