検診補助 – 被保険者(本人)

人間ドック受検補助

人間ドックは詳しい検査を多項目にわたり行い、多くの病気の早期発見に効果があります。

委任職制の方は、一般被保険者の取扱いに準じるため、一般被保険者の該当箇所をご確認ください。

対象者 40歳以上の健保被保険者
但し、被保険者期間(在職期間を含む)を2年以上有する方
補助金額 10,000円を上限に実費補助(消費税込)
請求方法
  • 被保険者から健康保険組合宛に「疾病予防費請求書(B)」で請求ください。
  • 受検者名宛の領収書(原本)を請求書の裏面に貼付ください。
  • 受検医療機関の指定及び受検時期の制限はありません。
    (ただし、委任職制の方は一般被保険者の取扱いに準じます。)
留意事項 年間を通じて受検可能ですが、補助は事業年度(4月1日~3月31日)につき1回のみです。
年齢は当年度到達年齢(=年度末日の年齢)です。

乳がん・子宮がん検診補助

年齢が40歳以上になると、がんのリスクが上昇します。精緻な検査を受け、早期発見・早期治療に役立てましょう。

対象者 30歳以上の任意継続被保険者 20歳以上の任意継続被保険者
補助金額 乳がん検診

6,000円(税込)を上限に
実費補助

子宮がん検診 5,000円(税込)を上限に
実費補助

● 健康保険を利用(保険証を使用しての受検)した場合、補助は出ません。【本人が10割負担した場合のみ補助対象】
● 補助を受給するには、被保険者期間(在職期間を含む)を2年以上有することが条件となります。

請求方法
  • 被保険者から健康保険組合宛に「疾病予防費請求書(B)」で請求ください
  • 受検者名宛の領収書原本(検査内容が明記されているもの)を申請書裏面に貼付ください。
  • 1枚の領収書で、請求が2項目以上の場合は、検診名・費用単価がわかるように
    補記ください。(被保険者による記入可)
    例:レディースドック 50,000円  人間ドック・乳がん検診・子宮がん検診の
    3項目請求の場合、領収証に「内、乳がん検診5,500円/子宮がん検診4,500円」と補記要
留意事項 年間を通じて受検可能ですが、補助は事業年度(4月1日~3月31日)につき1回のみです。
年齢は当年度到達年齢(=年度末日の年齢)です。
このページのトップへ