健康保険で受けられないもの

健康保険は、職場で働く人の業務外の病気やケガなどに対して給付されるものです。仕事のうえで起こった病気やケガは、労働者災害補償保険(労災保険)で扱われ、健康保険の対象からはずされます。

また、次のような場合は、健康保険の適用対象からはずされますので、ご注意ください。

健康保険でかかれないもの

  1. 業務上の病気やケガのとき(労災保険で扱う)
  2. 通勤途上で起きた事故(労災保険で扱う)
  3. 美容を目的とした整形手術(ケガの処置などは健康保険が使えます)
  4. 視力回復を目的とした矯正手術(レーシック)
  5. 日常生活に支障のないシミ、ソバカス、アザなど(医師が治療を認めたアザなどは健康保険が使えます)
  6. 研究中の高度医療(一部、健康保険が使える場合があります)
  7. 一般的な健康診断、生活習慣病診査、人間ドック
  8. 予防注射(一部、健康保険が使える場合があります)
  9. 正常な妊娠、出産(異常分娩の場合は健康保険が使えます)
  10. 経済的理由による人工妊娠中絶手術
  11. 被保険者の選択による特別病室への入院
  12. 日常生活からくる疲れや単なる肩こり、腰痛などに対するマッサージ など

しかし、治療の必要があると認められた次のような場合には健康保険でかかれます(労災保険の対象を除く)

  1. 視力に変調があって保険医にかかったときの診察、検査、メガネの処方箋
  2. ケガの処置のための整形手術
  3. 美容のためでなく、社会通念上必要があると認められる整形手術
  4. 治療する必要のある異常分娩、妊娠高血圧症候群
  5. 母体保護法に基づく人工妊娠中絶
このページのトップへ