退職または委任職制に移行後の医療保険制度

同時に、ご家族の資格もなくなります

会社を退職する場合や委任職制に移行した場合は、退職日の翌日・委任職制移行日に被保険者としての資格を失います。同時に被扶養者の方も資格を喪失します。資格喪失日の前日までに、健康保険証を返却してください。
資格喪失後は被保険者ならびに被扶養者としての主な保険給付が受けられなくなります。

資格を喪失した後は下記のいずれか、加入可能な健康保険への加入手続きが必要になります。

退職(委任職制移行)後も健康保険組合を利用する場合
任意継続
被保険者制度
退職(委任職制移行)後も2年間引き続き健康保険組合に加入することができます。(ただし健康保険組合に2ヵ月以上加入した方)

特例退職
被保険者制度
75歳までの間、引き続き健康保険組合に加入することができます。(ただし老齢厚生年金を受給中もしくは手続中で、ニッセイ健保の被保険者期間が20年以上または40歳以降15年以上の方)
国民健康保険に
加入する場合

国民健康保険
ニッセイ健保や共済組合などの健康保険に加入できない全ての人を対象とした健康保険です。市区町村役場で手続きを行ってください。
(他)健康保険加入の被保険者の被扶養者となる場合
(他)健康保険の被扶養者
健康保険の被保険者に扶養されている方が加入できます。認定基準については被保険者の健康保険組合に確認してください。

任意継続を希望される方は

資格喪失日から20日以内に所定の申請書に記入の上、健康保険組合に任意継続の申請をしてください。

【気を付けて!】

月末退職の場合は、当月の保険料は翌月に控除されます。

(月の途中退職の場合は、当月の保険料は徴収されません)

ただし、資格を取得した同じ月に退職(資格喪失)の場合は、保険料は控除されます。

退職後は健康保険組合の資格を失い、その後はそれぞれの状況に応じた医療保険に加入することになります。

保険証を返納する

必要書類
  • 保険証(被保険者および被扶養者全員分)
  • 健康保険高齢受給者証(交付されている場合)
返納先
  • 退職時本店勤務の方は厚生G、本部(東京)勤務の方は東京総務G、関係会社の方は所属総務へ提出ください。
返納期限 資格喪失日の前日まで

任意継続被保険者制度に加入する

必要書類
  • 任意継続被保険者資格取得届 兼 被扶養者異動(認定)届
    記入見本
    書類
書類の提出先
  • 所属総務経由健康保険組合へ提出ください
  • 退職時本店勤務の方は健康保険組合、本部(東京)勤務の方は東京総務G、関係会社の方は所属総務へ提出ください。
提出期限 資格喪失日(退職日の翌日)から20日以内
保険料 任意継続保険料早見表

任意継続被保険者が資格を喪失した

必要書類
  • 保険証(被保険者および被扶養者全員分)
  • 高齢受給者証(交付されている場合)
書類の提出先
  • 健康保険組合へ提出ください。
提出期限 そのつど
添付書類
新たに就職したとき 新しい保険証の写
被保険者死亡のとき 死亡診断書の写・埋葬料請求書・権利継承届兼誓約書
後期高齢者医療制度の対象となったとき
(65~74歳で広域連合の認定を受けたとき)
後期高齢者医療被保険者証の写
生活保護の対象となったとき 対象日のわかる書類

登録されたよくある質問はございません。

このページのトップへ