特定疾患の治療を受けるとき

高額医療費が長期になる疾病のとき

特定疾病については、申請により下図の「特定疾病療養受療証」が交付され、被保険者または被扶養者の方が同じ月に同一の医療機関で療養を受けた場合、自己負担額10,000円で療養が受けられます。(一部の疾病では所得水準により20,000円の場合もあります)限度額を超えた分の医療費は健康保険組合から医療機関に支払われます。

特定疾病の対象となる疾病

  1. 人工透析治療を行う必要がある慢性腎不全
  2. 血友病
  3. 抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群
    (HIV感染を含み、厚生労働大臣の定める者に係るものに限る)

申請方法

「特定疾病療養受療証交付申請書」に医師の証明を受けて健康保険組合に提出してください。

このページのトップへ